映画「幸せのちから」のDVDのパッケージの写真

こんにちわ、モカです。

 

今日は、私の大好きな映画「幸せのちから」の魅力を御紹介したいと思います。

実話に基づいた映画「幸せのちから」が大好きな理由

「自分のやりたいことを、周りや親からも応援されたいなー」

 

っと、思うことはありませんか?

 

自分のこと(自分の判断)を信じるって、けっこう怖いですもんね。(特に若い頃は)

 

この映画は、そんな私を励ましてくれた映画です。

映画のあらすじ

映画「幸せのちから」で家を追い出され駅のプラットホームに座り込むウイル・スミスと息子

 

主人公のクリス(ウィル・スミス)は、骨密度を測る新型医療機器の販売をするセールスマン。

 

実はこの医療機器、クリス(ウィル・スミス)が売れると思って、「全財産を投じて、先に大量に買い取ってしまったもの」なんです。

 

なので、これを売らないと収入がない。

 

しかし医者や病院は、この機器を「レントゲンより鮮明だけど値段が高い(2倍する)、不要なぜいたく品」とみていたので、なかなか売れない。(←買い取ってから気づいた)

 

売れないので家賃、税金を払えない。

 

働きづくめの妻のリンダ(タンディ・ニュートン)にも愛想をつかされてしまう。

 

(↑ちょっと、意地悪に描かれているけど、怒りたくなる奥さんの気持ち分かるなー)

 

そんなとき偶然、路上パーキングエリアで見かけた証券会社の株式ブローカー(株の仲買人)。

 

とてもキラキラ眩しく、幸せそうに見える。

 

彼に職業を尋ねてみると、「証券会社のブローカーだよ。大学での勉強は必要ないさ。数字と人に強ければ出来るよ」と教えられ

 

自分も証券会社のブローカーを目指して、無給の仲買人養成プログラムを受講しようとするが・・・。

好きなシーン

映画「幸せのちから」で家を追い出され駅の公衆トイレで夜を明かすウイル・スミスと息子

 

しかし、税金の滞納やら家賃の滞納やらで、アパートを追い出されみじめで大変な生活。

 

(泣けてくる。しかも子供のお世話もあるからさらに大変)

 

ある日、息子のクリストファー(ウィル・スミスの実の息子)とバスケットで遊んでいる時、

 

息子が「プロのバスケット選手になる!」っと言うと、

 

クリス(ウィル・スミス)は、意地悪でわざと「お父さんも無理だったから、無理じゃないかなー」と言ってみる。

 

息子は「分かった」と素直に受け止め、諦めようとする。

 

が、

 

その時、父親のクリス(ウィル・スミス)は

映画「幸せのちから」で父親役のウイルスミスが「you want something. Go get it. Period」と言っているシーン

 

誰にもムリだなんて言わせるな。

 

たとえパパでも。いいな?

 

夢があったらそれを守るんだ。

 

何か欲しけりゃ取りに行け。

 

ピリオド(←句読点の「。」)

「何かが欲しけりゃ、取りに行くんだ!ピリオド」

 

つまり、「他の人のいう事は聞くな!それがたとえ父親でもな!」

 

って、コト。お父さんがいうセリフ素敵すぎる。

 

私も、いつか娘に伝えようと思いました。笑

まとめ

この映画が好きな理由、それは「自分を信じる勇気」をくれるからです。

 

そりゃ、全てがうまい結果になるわけじゃないけど。

 

それでも、私は、自分の人生はやっぱり自分で決めていきたいって思いました。

 

(小っちゃい、小っちゃい、米粒程度の成功でもよいからほしいなー)

 

そして、なによりこの映画は「実在の男性、クリス・ガードナーの半生」をもとに描いた作品というのもすごいですよね。

 

映画の最後のシーンではクリス・ガードナー本人が登場し、ウィル・スミスが彼を振り返り見つめるというシーンもありますよ。

 

 

「DVD」、「ブルーレイ」をご購入をお考えの方は、↓どちらなのかお間違いのないように注意してください。

(※ちなみにわが家のリージョンフリーDVDプレイヤーは、「ブルーレイ」を再生できません。)

 

 

おすすめの記事