2歳ぐらいの女の子が親と一緒に絵本を読んでいる写真

こんにちわ、モカです。

 

今日は、カナダの保育士経験をもとに2歳ぐらいの子供達に人気だった絵本を御紹介します。

Please Mr Panda

ソファーの上でお父さんと娘が絵本を読んでいる

英語の世界では、Please がとても大切。

 

相手を尊重して丁寧にお願いするときは、大人でも非常によく使います。

 

この絵本はそんな「Please」の言葉を使う大切さが描かれています。

 

英語では、何か頼むときに「Please」を使うことがとても大切です。

 

「please」を使うと、丁寧な表現になり、相手に敬意を添える意味になります。

 

<ストーリー>

主人公のパンダは、沢山のドーナツを持っています。

 

「Would you like a doughnut?]

 

「ドーナツ食べる?」

 

パンダは、ペンギンに聞きます。

 

「Give me the pink one」

 

「1個ちょうだい」

 

ペンギンが言います。

 

「No, you cannot have a doughnut. I have changed my mind」

 

「やっぱり、あーげない。」

 

っという様に、パンダは色々な動物に

 

「ドーナツいる?」

 

と聞いて回るお話です。

 

でも、どの動物も「Please 」を言いません。

 

きちんと「お願い」ができる、「Please 」を言える動物はいるのかな?

 

というお話です。

 

子供たちは、「なんでパンダ、ドーナツあげないの?」

 

っと、不思議そうでしたが、「Please」や「Thank you」を、言うことはとても大切なんだよ。

 

と、教えるのにとても適した本です。

 

Little Owl Lost 

女の子がママとパパと一緒に絵本を読んでいる写真

この絵本は、カナダのカレッジの先生も推薦していた絵本です。

 

現場(カナダの保育園)で実際に使って、本当に子供に大人気でした。

 

なんてたって、迷子のフクロウがお母さんを探しに行くお話なのです。

 

子供たちは、お母さんを探しに行くお話が好きなのです。笑

 

迷子になったフクロウを心配そうに見つめながら、真剣にお話を聞いていました。

 

<ストーリー>

巣から落ちた子供のフクロウが、お母さんを探しに行くお話です。

 

1匹のリスと友達になり、一緒に探すのを手伝ってくれます。

 

「お母さん、どういうフクロウなの?」リスが聞きます。

 

「お母さんは、とっても大きんだ。こーんなに大きいの」っと子供のフクロウが言います。

 

「知ってる!知ってるよ!」と言って、ついて行ったら・・・クマでした。

 

このように、子供のお母さんの特徴の説明をもとに、リスと一緒にお母さんを探しにいくお話です。

 

Pete the Cat Rocking in My School Shoes

こちらも大人気の「Pete the Cat」のシリーズの絵本。

 

ストーリーは、猫のピーターが、赤いカッコイイ靴をはいて、これから学校に行くというお話です。

 

「I'm rocking in my school shoes♪ I'm rocking in my school shoes♪I'm rocking in my school shoes♪」

 

と、ピーターはノリノリで歌を歌っています。

 

そして、ピーターが学校でどんな事をするかが描かれています。

 

この本の、リズミカルな朗読が、子供たちをとても惹き付けます。

 

※You Tube に、リズミカルな朗読がアップロードされているので、一度視聴することをおすすめします。

 

1歳から楽しく学べる、お薦めな英語の絵本でご紹介している、「Pete the Cat   I love my white shoes」や「Pete the Cat   I love my white shoes」も是非チェックして下さい。

 

Potty

2歳頃になったら、おトイレトレーニングを始めたいですね。

 

この本では、主人公の赤ちゃんが、おトイレトレーニングをしている様子が書かれています。

 

「僕、トイレ行きたくなーい。猫は、どうしてるの?犬はどうしてるの?」

 

と、猫や犬のおトイレの様子も描かれています。

 

文章が短く、絵が大きいので、理解しやすい1冊です。

 

この本を読んで、おトイレトレーニングと一緒に英語も楽しみたいですね。

My First ABC

この本は、ストーリではなく、物や動物の名前の本です。

My First ABCの絵本の中

 

一見すると、子供が興味なさそうに見えますが、2歳頃になると様々な「物」や「動物」の「名前」にとても興味を持ちます。

 

私が保育士をしていた頃、子供たちはこの本を熱心に読んでいました。

 

分からない物や発音があると「What's this?」とよく聞いていました。

 

語彙力を増やし、さらに英語に親しむ為に、お薦めの1冊です。

まとめ

私は保育士だった時、読み聞かせをした後、その本を子供たちに渡して自由に読んでもらっていました。

 

子供たちは、好きな絵本を何度も読み直したり、絵本にある言葉を質問してきたり、とても可愛かったです。

 

そして、御紹介したこれらの本は、You Tubeでネイティブの方々が動画を出してくれています。

 

※発音に自信が無い方は、動画を再生してあげて下さいね。

あわせて読みたい
おすすめの記事