「Where's Boo? 」「Where Is Baby's Pumpkin? 」「 Boo 」「 Skeleton Hiccups 」「10 Trick-or-Treaters 」の絵本が本の表紙

こんにちわ、モカです。

 

ハロウィンにぴったりな英語の絵本を御紹介します。

 

絵本を通して、ハロウィンをもっと楽しめるといいですね。

 

Where's Boo?

この絵本は、Boo を探しに行くお話です。

 

この絵本の中でいう  Boo とは、黒猫のことです。

 

(↑ハロウィンの絵本だから、黒猫の名前が「Boo」になっています。ハロウィンになると「Boo」をよく見かけますが、「Boo」は、お化けが出てきて「バァ~」と言う時や、人を驚かす時に「ワッ!」という時に使います。)

 

<ストーリー>

「Booは、ジャコランタン(かぼちゃの提灯)の後ろにいるのかな?」
「ちがったー! ロウソクだー」

 

「Booは、ほうきの後ろにいるのかな?」
「ちがーう!魔女のおしゃれな帽子だー!」

 

 

「Booは、ドアの後ろにいるのかな?」

 

(↑この時、実際に絵本のドアをにノックして、「Knock !  Knock !  Knock !  Who  is  there?」 って言ってあげると、子供はすごく喜びます。

 

家の中からドアを叩くシチュエーションなので、「Knock !  Knock !  Knock !  Who  is  there?」になります。

 

もし、家の外からドアを叩いている時は「Knock !  Knock !  Knock !  Is  anybody  home?」となりますが、子供はどちらでも喜びます。笑)

 

かなり易しめでページも少ないので、0歳~1歳におすすめです。

※ お薦めな年齢   0歳以上

Where Is Baby's Pumpkin?

この絵本も、先ほどご紹介した絵本「Where's  Boo?」とストーリが似ています。

 

ストーリーは、ハロウィンの日に、主人公の赤ちゃんがパンプキンを探しに行くお話です。

 

「葉っぱのしたかな?」「カーテンの後ろかな?」といろいろな場所を探しに行きます。

 

そして、この絵本は赤ちゃんが大好きな仕掛け式の絵本になっています。

 

自分でめくりながら探せるので、赤ちゃんは大喜び!おすすめな1一冊です。

 

※ お薦めな年齢   0歳以上

Boo

この絵本は人気シリーズのハロウィンバージョンです。

 

この絵本は、0歳から楽しめますが、先ほどご紹介した「Where's Boo?」より長いストーリーになっています。(倍ぐらい)

 

ストーリーは、主人公の子が、パンプキンを選んで、ジャコランタン(かぼちゃのちょうちん)を作ったり、コスチュームを選んで友達と「Trick  or  treat」に行って、沢山のお菓子を貰って来るお話です。

 

私が保育園で読み聞かせをしていた時、子供たち(2歳ぐらい)は「ジャコランタン」に興味深々でした。

 

「ジャコランタンは、パンプキン(かぼちゃよりだいぶ大きい)の中身を取って、顔を作るんだよー」なんて説明していました。(保育園で実際に作りました)

 

※ お薦めな年齢   0歳以上

Skeleton Hiccups

この絵本は、絵はちょっと怖いですが、内容がとても可愛いです。

 

骸骨くん(Skeleton)が、起きてからずっとひゃっくりが止まらないくて困っているというお話です。

 

骸骨くんは、歯磨きをした。(・・・そしたら、顎の骨が飛んで行った)

 

骸骨くんは、骨を磨いた。(・・・そしてら、腕の骨が外れて飛んで行った)

 

骸骨くんは、逆さまになって水を飲んだ。(そしたら、水が目の骨の隙間から流れ落ちていっちゃった。)

 

そんな可愛い骸骨くんに、子供たちは大笑いです。

 

何をしてもしゃっくりが治らなかった骸骨くんは、最後に、お友達のおばけが見つけた鏡で、自分の顔を見たら、悲鳴をあげて、しゃっくりが治ったっというお話です。

 

子供も大人も、こんな骸骨くんが好きになってしまう一冊です。笑

 

英語は、とてもシンプルで少なめなので0歳からでも楽しめます。

 

※ お薦めな年齢   0歳以上

10 Trick-or-Treaters 

この絵本は、絵が可愛いらしいです。

 

10人の子供達が「Trick  or  treat」に行くのですが、途中で一人ずつ逃げてしまうというお話です。

 

数や引き算を学ぶのにも適しています。

 

<ストーリー>

10人のハロウィンコスチュームを着た子供たち  Trick-or  treater  が「Trick  or  treat」に出かけます。

 

バスに乗ろうと、1列で待っていると、・・・クモがやって来て、一人が逃げちゃった。

 

Trick-or  treater  が9人になった!

 

9人の Trick-or  treater  がバスから降りる時、1匹のヒキカエルがジャンプしてきて・・・、また一人逃げちゃった。

 

Trick-or  treater  が8人になった!

 

っというように一人ずつ逃げてしまうというお話です。

 

※ お薦めな年齢   1歳以上

まとめ

ご紹介したこれらの本は、どれも子供たちに大人気です。

 

きっと、お子様のお気に入りのハロウィンの絵本が見つかると思います。

 

また、御紹介したこれらの本は、You Tubeでネイティブの方々が動画を出してくれています。

発音に自信が無い方も、動画を再生してあげれば下さいね。

あわせて読みたい
おすすめの記事