男の子がお父さんと一緒に仕掛け式の絵本を読んでいる写真

こんにちわ。

 

カナダ在住のママ、モカです。

 

今日は、赤ちゃんにおすすめな英語の絵本を御紹介します。

 

カナダの保育園で人気な絵本、もちろんわが子も大好♡

 

赤ちゃんウケ抜群!間違いなしです!!

 

英語の絵本は、赤ちゃんや子供の手の届くところに置いて、毎日読んであげるとイイですよ。

 

英語が身近なものなってくれます♡

Brown Bear, Brown Bear, What Do You See?

この絵本はカナダの保育園でもとても有名です。

 

様々な動物と色が出てきて、「○○さん何が見える?」「ぼくは△△が見えるよ」っといったかんじでお話がすすんでいきます。

 

同じ表現が繰り返し使われているので、赤ちゃんに理解しやすくなっています。

 

絵本の文章をちょびっとチェック!

 

Brown Bear, Brown Bear, What do you see?
「茶色いクマさん、茶色いクマさん、何が見えるの?」

 

I see a red bird looking at me.
「ぼくはね、赤い鳥さんが見えるよ、赤い鳥さんぼくのこと見てる!」

 

Red Bird, Red Bird, What do you see?
「赤い鳥さん、赤い鳥さん、何が見えるの?」

 

I see a yellow duck looking at me.
「ぼくはね、黄色いアヒルが見えるよ、黄色いアヒルさんぼくのこと見てる!」

 

っといったように、様々な9種類の「動物」と9種類の「色」が登場してきます。

 

英語が好きになる第一歩の絵本にぴったりです♡

Where's Spot?

 

この本も、子供たちにとても人気です。

 

仕掛け式の絵本(A-lift-the-flap book)になっていて、子供が自分の手でめくれるようになっています。

 

お母さん犬が、赤ちゃん(Spotという名前)を家中探し回るお話です。

 

絵本の文章をちょびっとチェック!

 

Is he behind the door?
「ドアの向こうかな?」

 

No.

「ちがうよ」(ドアの仕掛け式のめくると、クマがいます)

 

Is he inside the clock?
「柱時計の中かな?」

 

No
「ちがうよ」(柱時計の仕掛け式をめくると蛇がいます)

 

お母さん犬が探すと、そこには他の動物達が隠れている絵本です。

 

子供が、自分で扉をめくって色々な動物を発見できるのも、人気の理由です。

 

「ママは赤ちゃんが大好きなんだよ―。どこにいるのかな?ママの赤ちゃん」

 

っと、私が赤ちゃんに読んでいた時、赤ちゃんとても嬉しそうでした。

Where Is Baby's Belly Button?

 

この本も、子供たちにとても人気です。

 

この本も仕掛け式の絵本(A-lift-the-flap book)になっていて、子供が自分でめくれるようになっています。

 

絵本の文章をちょびっとチェック!

 

Where are baby's eyes?
「赤ちゃんのお目目どこかなー?」

Under her hat!
「帽子のしただよー。」

 

Where is baby's mouth? 
「赤ちゃんのお口はどこかなー?」

 

Behind the cup!

「コップの後ろだよー。」

 

っといったように、帽子やコップをめくるとそこに体のパーツを発見できます。

 

私が、保育園で子供に読み聞かせをしていた時、ある女の子は、「again! again!」っと言って何度も読んでいました。

 

発見する度に、驚いていてとても可愛かったです。笑

 

実際に発見した体のパーツを、赤ちゃんの体でも触ってあげると、赤ちゃんもより理解できて楽しめますね。

Dear Zoo

 

この本も0歳からぴったりです。

 

この絵本は動物の特徴がユーモアたっぷり描かれていて、読んでいておもしろいです。笑

 

絵本の文章をちょびっとチェック!

 

I wrote to the zoo to send me a pet, 

「ぼく、動物園にペットを頂戴ってお手紙書いたの。」

 

They sent me an・・・elephant!  He was too big!  I sent him back.

「そしたら・・・ゾウさんが贈られてきた! 大きすぎるから、動物園に贈り返したよ」

 

So they sent me a ・・・giraffe!  He was too tall! I sent him back.

「そしたら次は・・・キリンさんが贈られてきた! 背が高すぎる贈り返したよ」

 

っといったふうに、様々な動物が送られてくるお話です。

 

動物たちの特徴も上手に書かれていて、読んでいるてプッっと笑いちゃいますね。

 

この本も仕掛け絵本(A-lift-the-flap book)になっているので、子供たちが何の動物が隠れているか推測したり、発見したりする楽しさがあります。

Bear Says "Thank You" 

可愛らしい子供のシロクマが主人公の絵本。

 

主人公のシロクマが、いろいろしてくれるお母さんに毎回「thanu you」という絵本です。

 

赤ちゃんは、絵本にママと赤ちゃんが登場してくる絵本が大好きなのもポイントです♡

 

絵本の文章をちょびっとチェック!

 

Little Bear had Big plans.
子クマにはある計画がありました。

 

"I need some paper and crayons."
「紙とクレヨンが必要だよ」

 

"Here you go" said Mama bear.
「はい、どうぞ」ママクマが言いました。

 

"Than you"
「ありがとう」

 

子クマが必要なものがあると、その度にママクマが必要なものを渡してくれて、子クマが「ありがとう」というお話です。

 

お話の最後が、心温まるエンディングになっているのでぜひチェックしてみて下さい。

Five Little Monkeys jumping on the bed

この本は、有名な歌「Five little Monkeys jumping on the bed」の歌に基づいた絵本です。

 

子供のおサルさん5匹がベッドの上でジャンプして、1匹づつベットから落ちてしまうというお話。

 

5匹から4匹。4匹から3匹っといった様に、数を5から1までカウントしていく歌です。

 

絵本の文章をちょびっとチェック!

 

It's was bedtime. So five little monkeys took a bath.
もうおやすみの時間。5匹の子ザルはお風呂に入りました。

 

Five little monkeys put on their pajamas. Five little monkeys brushed their teeth.
5匹の子ザルはパジャマを着て、歯も磨きました。

 

Five little monkeys said good night to their mama.
お母さんに「おやすみなさい」も言いました。

 

Then ・・・fivelittle monkeys jumped on the bed. One fell off and bumped his bed. 
そして・・・5匹の子ザルはベットの上でジャンプをし始めました。一匹の子ザルが(ベットから)落ちて頭を打っちゃった。

 

The mama called the doctor the doctor said. No more monkeys jumped on the bed.
お母さんがお医者さんに電話すると「もうベットの上でジャンプはだめですよ」って言われました。

 

「お風呂に入って」「パジャマ着て」「歯を磨いて」「おやすみなさい」を言ってと、絵本では歌よりも詳しく状況描写されていますね。

 

これらどの文も英語圏では超基本の文なので、赤ちゃんの時から読んであげて丸暗記しちゃうといいですよ♡

 

(もちろん歌も♪)

 

歌とこの絵本と両方使ったら、赤ちゃんきっと喜びますよ♡

 

(赤ちゃんも関連性があるって、喜んでくれるんです♡)

まとめ

これら御紹介した本は、かわいいイラストだけでなく、動物、色、場所、衣類の名前、数の数え方、文章もしっかりと書かれているので、0歳~3歳ぐらいまで楽しめます。

 

そして、御紹介したこれらの本は、とても有名で、You Tubeでネイティブの方々が動画を出してくれています。

 

発音に自信が無い方も、動画を再生してあげれば良いので安心ですね。

 

不思議なことに、何度も再生しているうちに、自然と読めるようになってきます。(←私のコト)

 

あわせて読みたい

 

おすすめの記事