女の子がベットの上でぬいぐるみを抱えながら絵本を読んでいる写真

 

「子供に英語の絵本を読み聞かせしたいけど、何がいいのか分からない」

「子供が英語の絵本を好きになってくれるか不安」

「自分も読めるか不安」

 

こんな悩みのお持ちの方へ。

 

こんにちわ、カナダ在住8年目のモカです。

 

本記事では、カナダ在住(そしてカナダで保育士をしていた)私が実際に使ってみて、娘や園児が好きになってくれた英語の絵本「Little Critter (リトルクリッター)」のご紹介です。

 

この絵本は、主人公の「Little Critter (リトルクリッター)」の毎日の日常が描かれています。(妹ちゃんが主人公の時もある)

 

わが家の娘ちゃん(カナダ在住)は2歳頃から好きになりました。3歳の今ももちろん大好きなシリーズです。

 

そして私も大好き♡

主人公のLittle Critter(リトルクリッター)とは?

女の子がソファーの上でパパと絵本を読んでいる写真

ところで、Little Critter (リトルクリッター)って何?

 

ってかんじですね。笑

 

Critter は「小さい動物」って意味、そしてここで使うLittle は「子供」って意味です。

 

この小さな動物の男の子、Little Critter (リトルクリッター)が「毎日の生活で経験すること」が絵本になっています。

 

そして、Little Critter (リトルクリッター) は、パパ・ママ・妹と4人暮らし。

 

少し離れたところに、おばあちゃんとおじいちゃんも住んでいます。

 

困ったことがあったら助けてくれるおばあちゃんとおじいちゃん。頼もしいです。

この絵本の魅力

ピンクのロングTシャツを着て黒いズボンをはいている女の子が大きな本を読んでいる写真

この絵本の魅力は

 

・1ページに1~3ぐらいの文。
・文法が簡単・シンプル
・語彙が初級レベル

 

簡単にいうと、難しくないんです。読みやすい♪

 

英語を読んでいてもストレスにならない♬そしてストーリーは面白いんです♡

どんな絵本がある?

2人の男の子が草原で座って本を読んでいる様子

 

どんな絵本があるかなーっということで、ちょっと絵本をご紹介します。

 

 

まずは、パパとキャンプに行くお話とママとお買い物に行くお話、2つのストーリーが1冊の絵本に入っているお得な絵本。パパとキャンプの行くお話は、パパと釣りをしたり、ごはんを作ったり、カヌーに乗ったり、そしてテントで寝る。「キャンプではこんなことするよー」が書かれています。ママとのお買い物は、博物館に行ったり、水族館に行ったり、洋服を買いに行ったりするお話です。

 

 

 

「Just a Little Luck」は、Little Critter (リトルクリッター)がコインを拾ったことから起こるストーリー。拾ったコインが表だったらラッキー「良い事」が起こる。裏だったらアンラッキー「悪いこと」が起きるらしい。Little Critter (リトルクリッター)は、コインが表だったか、裏だったか覚えていません。「そのうち分かるよ~」って思っていましたが、なんだかツイてないことばかり起こります。何やっても上手くいかない時ってありますよね。そんな日が描かれたお話です。面白い1冊です。

 

 

初めて学校に行く日のお話。朝起きて、学校行く用意して、ごはんを食べて、学校に行って。学校では算数やったり、友達と遊んだり。楽しい1日のお話。分かりやすい1冊です。

 

 

 

お母さんが「あなたの靴下、みんな片方ないよ。どこに行ったの?」から始まるストーリ。

靴下探しをしていると、あちらこちらで無くしたおもちゃが見つかる。わが家の娘ちゃんが好きなⅠ冊です。

 

 

 

Little Critter (リトルクリッター)は、お風呂にカエルを入れたり、妹のドールハウス(人形の家)で遊ぼうとしたり、おじいちゃんの家をペンキで落書きしようとしたけど、ママ、パパ達に注意されて怒るお話です。怒ったLittle Critter (リトルクリッター)は、家出をしようとしますが、最後は友達と遊んでハッピーになるお話。「子供ってそうだよね~」が詰まったお話です。笑

 

 

 

学校のクラスで科学館に遠足に行くお話。科学館ではマシーンで作られた竜巻に触ったり、強力な磁石で体が宙に浮いたり、ジャガイモで電気を作ったりと色々な体験が楽しめます。英語で科学を学ぶなんてカッコよくない!?って思って買ったⅠ冊。科学の不思議も楽しめます♡

 

 

 

学校のクラスで自然歴史博物館へ遠足へ行くお話。Little Critter (リトルクリッター)は恐竜の骨を見るのを楽しみにしていたのですが、恐竜の骨が一部紛失された為、恐竜の展示場は閉まっていました。なのでみんなは、蝶々を見たり熱帯雨林のコーナーを見たり。しかし、ひょんなことにLittle Critter (リトルクリッター)が、紛失された恐竜の骨を見つけ、最後は一緒に恐竜の展示を楽しめることができました♡というお話です。

 

 

 

釣りに行きたいのにパパもママもおじいちゃんも行ってくれない!!そしたら「おばあちゃんが一緒に行ってくれるって!」から始まるお話。おばあちゃんは、釣り竿も針に付けるエサも買ってくれて、そしてカヌーまで借りてくれて、一緒に釣りを楽しみます。が、途中で釣り竿を失い、雨にも降られ・・・。しかし、最後はお店でフィレサンドイッチを食べて「楽しかった」っというお話です。

 

ママに「宿題やったの?」と聞かれて「うん、やったよ」と答えるLittle Critter (リトルクリッター)。妹に「やってないじゃん」って言われても、「やったよ!ただ終わってないだけ」と上手くごまかします。こんなふうに、「ちょっとあやふやな表現」で、わざと相手に誤解させるLittle Critter (リトルクリッター)は、学校で恥ずかしいめに遭ってしまう!というお話です。

 

 

 

この絵本は、妹が主人公です。「大きくなったらバレリーナになろう」「大きくなったらサーカスに入ろう」「大きくなったら自分のペットショップを持とう」など、色々な将来の夢を想像しているお話です。出て来る職業が分かりやすく、絵本もとっても読みやすくなっています。

 

 

まとめ

Little Critter (リトルクリッター)の好きな所は、とっても読みやすい所。単語も基本的な単語を中心に使われていて、文章も絵から推測しやすいです。(もし、いまいち意味が分からなくても絵から分かると思う)

 

とはいっても、たくさんの「Little Critter (リトルクリッター)」シリーズを読めば、必ず英語の力は付きます。

 

このシリーズの絵本は、どれも同じぐらいの英語のレベルなので「この本は難しかった」「失敗した」ということが少ないかと思います。

 

英語の基礎力、楽しさを学ぶのにぴったりな絵本です。

 

今回ご紹介した絵本以外にも、まだまだ沢山色んなお話があるのでぜひ手にとってみてね♡

 

 

 

【合わせて読みたい】

・娘がバイリンガルになりました【子供をバイリンガルにするには】

・無料体験レッスンあり:カナダ在住の私がおすすめする英会話オンラインスクール2社

 

おすすめの記事